ヤバいぞ!!認知症に気を付けろ!!

このままじゃヤバい!?認知症患者が急増してる!?誰でも認知症になるかもしれないぞ!

認知症の末期の症状について

time 2017/12/11

認知症の末期の症状について

認知症も末期になってくると、

  • 家族も分からない
  • 今は何日なのか
  • 自分が何処にいるのかさえ分からない
  • 食事
  • 排泄
  • お風呂に入る

といった、人間らしい生活をする方法さえも忘れてしまいます。

ほったらかしにしてしまうと、歩行に支障がない場合はふらふらと外を歩き回ります。

しかし、帰る家が分からなくなっているので、警察のご厄介になることもあります。

最悪の場合、自動車事故などに巻き込まれる危険もあります。

 

たまに症状が和らいだかのように見えることもありますが、回復することはほとんどないと考えた方がいいでしょう。

 

怒り

また、感情の起伏が激しくなり、穏やかな性格だった方でも、怒りっぽい性格になってしまったりして、怒鳴ったり、訳の分からないことをいつまでもぶつぶつ言ったり、誰かが自分を殺そうとしているいった被害妄想まで始まります。

 

家族が出来ることは、身の回りの世話のみです。

会話をしようとしても、ほとんど会話になんかなりません。

介護をする側は、正直疲れます。

 

それでも、たまに見せる穏やかな表情に安心させられることがあります。

寝たきりになったら、もう自分の意思で動くことも、何かをして欲しいと頼んでくることも無くなってきます。

ただ、不安や不快感が募ると、声にならない声を出したりすることもあります。

こうなってくると、家族はただトイレの世話をして、場合によっては介護施設やホームヘルパーさんに頼んで見てもらうこともあります。

正直、認知症になられても、周りの家族にとって良いことは一つもありません。

 

認知症とサプリメント

認知症と意思能力

認知症は人間だけじゃない