ヤバいぞ!!認知症に気を付けろ!!

このままじゃヤバい!?認知症患者が急増してる!?誰でも認知症になるかもしれないぞ!

自然な笑顔と心に余裕を 認知症の人との接し方について

time 2018/03/12

自然な笑顔と心に余裕を 認知症の人との接し方について

認知症のは誰にでも起こりうる病気です。

認知症に対して偏見を持たないで、正しい知識を身に着け、認知症を抱える人が安心して生活ができるように、ともに歩み寄り支えあわなければいけないません。

 

「どのように接すればいいの?」

・認知症は病気だという事をわかってもらう

物忘れが増えてきたり、今までできていたこと仕事や家事が出来なくなり、最初に気づくのは本人です。

今まで当たり前のように出来たことが出来なくなり、認知症の人は心細く、悲しい思いをしています。

家族に迷惑をかけてしまうかもしれないと、一番苦しんでいるのは本人です。

認知症の人が、明らかに間違ったことを言ってきたときも、それは病気が原因だときちんと理解してもらう必要があります。

頭ごなしに相手の意見を否定したり、叱ったりするとますます症状が悪化したり、反抗的になってしまいます。

 

認知症の人は、被害妄想が強く出ることがあります。

「財布をとられた」と明らかに間違ったことを言ってきても、それは病気が原因であることを理解してもらい、「私がとるわけない」と威圧しないで、一緒に探してあげることが必要となります。

気持ちが静まって、自分の間違いにきずくことがあります。

 

・言う事を聞いてくれないときは、納得してもらうように優しい対応を

優しく対応

認知症の人は、物事を感覚的に判断しているため、理論的な説明をしてもわかってもらえません。

気持ちが通じて、心で分かってもらえるように、感性的な納得をしてもらうことが必要です。

例えば、食べられないものを口の中に含んでしまったときは、「口の中のものを出して」というのではなく、相手の好物を見せて取り換えっこしない、口の中のものをひとつちょうだいと、相手の目線に合わせて、優しく接することが大切です。

何が悪いか理解していないので、子供をあやすような感じで接しなければいけないのです。

 

まとめ

認知症で一番苦しんでいるのは本人です。

周りの人が悲観的に考えてしまってはいけません。

共に暮らして行くためには、自然な笑顔、そして心に余裕をもち、優しい口調で対応することが大切なのです。

相手が不安にならないように、出来るだけ今まで通りの接し方を心がけるようにしましょう。

いずれは我が身にも起こりうるかもしれませんから。

 

認知症とサプリメント

認知症と意思能力

認知症は人間だけじゃない